スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野菜を売るということ

もうすぐ直売所に野菜をだしてから1年になります。

野菜を売ることが楽しい!と感じるきっかけにもなった直売所です。

最初はもちろん、売れるだけで楽しくて、価格設定次第で、出荷調整の仕方、調理メモをいれること、工夫次第で売れ行きがかわるのが面白かったのです。あと、何よりもお客さんとちょっと話したり、他の生産者の人たちとお話できるのが楽しかった。

最近は売るだけでなく、採算をとることの難しさを痛感しています。どの位出荷調整に時間がかかっているか、種代は?栽培の手間は??お客さんはどんな野菜を求めているの??

野菜を包むボードンフィルム、あれも1枚2円位するし(サイズが大きくなると1枚単価はあがります)、もっともっと計算しないと、あと、数をこなして手早くならないと、やればやるだけ赤字になってしまいます。農業は野菜を作るだけでなく、作る段階でも、売る段階でも計算することばかり。(きっと農業だけではないですよね。)

今年は余った野菜を手当たり次第売っていました。来年は少し目星をつけて売りたい所です・・・。

バザーもイベント感覚で「わー楽しい!」なんていって参加していたのですが、用意しすぎて売れ残ったり、スタッフ総動員でとりかかって、売り上げがこれだけ・・・??みたいな時もあって、私はこういうちょっと抜けてる所が皆農塾のよさでもあり、居心地のよさでもあると思うのだけれど、少し考えなければ・・・と思うようになってきました。

そんな時に、先週になりますが、ご近所の農場に出荷調整のお手伝いに行くチャンスに恵まれました。これはいろんなことに行き詰っている私への恵子さんの配慮でもあります。

とにかく驚きでした。私も毎日出荷調整しているのに、スピードがまるで違います。手の中に落ちているとでもいいましょうか・・・。自分の所の野菜ではなく人の所の野菜というのも一理あるかもしれないけど、それを差し引いても全然早い!

そして、自分達はこうしているけど、あ、こういうやり方でもいいんだ!みたいな工夫がたくさんあって、お手伝い所か立派な研修でした。

課題は山積み。

でも、昔は好きじゃなかった出荷調整、今は、なんだか楽しいです。



スポンサーサイト

コメント

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。