スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

玉ねぎの定植



昨日は農業講座の人たちと玉ネギの定植をしました。これは9月10日に播いた苗です。昨年より随分生育がそろっていて、元気です。少し大きすぎてとうだたないか不安な位です。




昨日は泉州という品種の苗を植えました。スコップで掘り起こして苗を取ります。とった苗は乾燥しないように新聞紙をかけたり、日陰においたりして、気をつけます。




130センチ幅、15センチ間隔 7穴でマルチの穴が小さいもの(後で除草が大変だから)をしいて定植します。




みんなでやるとあっという間。ここで難しいのは苗をどの位とるかです。苗が1ベット30mだとします。15センチに15本苗があったので、30mだと1列3000本の苗になります。苗は5列あるので1ベット15000本の苗があることになります。

苗を植えるベットですが、こちらも30mだとします。15センチ間隔で7穴なので、30mだと苗が1400本必要になります。そうすると、2ベットで1列(よくない苗もあると思われるので)でいい計算になります。


なのに私は1ベット半も苗をとってしまい、大量の苗が余ってしまいました・・・。とりあえず仮植えしてあります。今年は苗がとても多いので苗を売ろうということになりました。

スポンサーサイト

コメント

Secret

いつもお世話になります

農業講座の受講生です。毎週、お世話になります、今のところ毎回天気に恵まれいつも良い天気の中での作業で助かります。そちらでの作業は、羊や鶏、合鴨等もいて皆いつもより楽しく作業させて頂いてます。私も将来的には自給自足に憧れてはおりますが現実は厳しく、種を播いただけでは収穫が出来ない現実を痛感しています。いかに今まで、何も考えずにお金を出せば作物は買えるといった考えを反省しています。あとしばらくですが宜しくお願いします!!

No title

コメントありがとうございます。受講生の方、どなたでしょう??今度会った時に声をかけてくださいね。私はあまり皆さんとお話しする機会がないのでちょっと嬉しかったです。ブログもみつけてくださいありがとうございます。

農業は本当に厳しい上に難しいですね。でも、農作業は私にとってやっぱり楽しい。

こちらこそよろしくお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。