スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今度は田んぼの除草

タイヌビエ

昨日散々だったコクゾウムシ。今日みると、またコクゾウムシが(かなり減ったけど)発生。原因を検討してみると、直射日光の元むしろの裏から逃げ出し、涼しくなるとまた戻ってくるのではないかということになった。

なので、本日は2回目。また天日干しにして、今度は日陰になって涼しくなる前にまたしまった。何度か繰り返すうちにコクゾウムシはいなくなるのかな。

今日は出荷日なので朝収穫。にんじんの間引きと、田んぼの除草、明日の出荷の出荷調整、白菜(黄ごころ85、90)をまいた。

さてさて私たちは合鴨農法をやっているのにもかかわらず、今年はこの雑草が大発生。私たちはニセゴメと呼んでいるけれど、調べてみると「タイヌビエ」というイネ科の雑草だった。

タイヌビエは水田条件にもっとも適合した雑草で、水田にのみ発生。穂がでるまでは稲そのものにそっくりで、区別が難しい。

原因はなんだろう??またみんなで話し合った。シロカキをしてから田植えまで日数がたってしまったから?合鴨を田んぼに放すのが遅れたから?

みんなで田んぼに入ってはさみで穂の下を切って除草。かがまなくていいし、田んぼの中は気持ちよかった。

昨年は合鴨を入れるタイミングはよかったけど、苗を植える段階で私たちは畑で苗を育苗しているので、そこにイネ科の雑草がまぎれこみ間違えて雑草を植えたという苦い過去をもつ。

米は私たちの道楽。私たちの遊びはなかなかスケールがでかい。もうちょっと調べたかったけど眠くなったからまた明日~

スポンサーサイト

コメント

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。