スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

# 麦にコクゾウムシ出現!

麦天日干し中

今日は本当に濃い一日だった。

今年収穫した麦をドウコウという大きな貯蔵タンクのようなものに入れて私たちは貯蔵しているのだけれど、さあそろそろ製粉してみる?と言って米袋にだしてみたら…

なんとコクゾウムシの大群が…

コクゾウムシについて調べてみると

イネ科穀物の有名な害虫で口吻で穀物に穴をあけて産卵し、孵化した幼虫は穀物を食い荒らす。

18℃以下で活動休止。23℃以上になると活発。さらに27℃以上になると急激に増えるらしい。

1匹のメスが200個位玉子を産むらしく、食べても害はないらしい。

玉子から成虫になるまで1か月かかる。

明るい所を嫌うらしく、直射日光のもとひろげると一斉に逃げ出す。対策としては低温貯蔵と清潔なものに密閉して保存すること。

ということで、麦をドウコウからだして、むしろにひろげて天日干し。すると虫がでてくるでてくる。しばらくしてからさらにふるいでふるってから米袋に入れるというのを今日やった。

恵子さんが中心にみんなでやった。こういう時ウーファーは助かるなぁ…。それにしても1か月で成虫になるということは、遅くても8月には玉子を産みつけたということ。どこで玉子が入ってしまったのかな。さすがに保冷庫で貯蔵するのは場所的にも厳しいだろうし…。

穀物は貯蔵管理が難しいとよく言われるけど痛感した1日だった。

他には田んぼの除草やにんじんの間引き、キャベツの定植をした。ブロッコリーに早くも夜盗虫がでたので夜に見回りに行った。
スポンサーサイト

コメント

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。